リデン チャップアップ

リデンとチャップアップ

これから育毛剤を使い始めようと考えている人の中には、
リデンを使用すべきか、チャップアップを使用すべきか、で悩んでいる人もいると思います。

 

 

※徹底比較【リデン vs チャップアップ】※僕はこっちを選びました!

 

 

どちらも人気の育毛剤でよく売れているのは知っていますが、
リデンとチャップアップでは何がどう違うのかどちらを使用すべきか迷ってしまいますよね。

 

そこで、当サイトではリデンとチャップアップの両者を詳しく比較し、
あなたに合っている育毛剤はどちらなのかを詳しく解説します。

 

育毛剤リデンの特徴・・・

育毛剤リデンの最大の特徴は、「リデンシル」という成分が配合されている点です。
(チャップアップにリデンシルは含まれていません。)

 

リデンシルは、スイスの化粧品メーカーによって、ここ最近開発された成分で、
簡単に言えば髪の成長を促進させる育毛成分です。

 

髪というのは、毛母細胞と呼ばれる毛根の細胞が細胞分裂を繰り返すことで、
上へ上へと伸びていきます。

 

※徹底比較【リデン vs チャップアップ】※僕はこっちを選びました!

 

毛母細胞が元気で活発であれば、太くてコシのある髪が伸びていきますが、
毛母細胞が弱っていると、伸びてくる毛は細くて弱々しく、
また、抜け毛や薄毛といった髪トラブルを引き起こします。

 

リデンには、リデンシルが3%配合されており、弱体化した毛母細胞を活性化する効果があります。
具体的には、バルジ領域とよばれる部分に存在する幹細胞に働きかけることで、
毛母細胞を増殖させ、髪の成長を促進させるのです。

 

リデンの最大の特徴は、リンデシルによる毛母細胞の活性化力です。

 

 

≫公式サイトに行く≪

 

 

その他、センブリエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ルイボスエキスなどの生薬成分
が配合されており、血行促進作用、頭皮環境の改善効果なども期待できます。

育毛剤チャップアップの特徴・・・

チャップアップの最大の特徴は、一言で言えば総合力です。

 

  • 血行促進
  • 毛母細胞の活性化
  • 頭皮環境の改善
  • 抗男性ホルモン

 

といった、育毛に必要な要素をまんべんなく兼ね備えています。

 

現在、巷には様々な育毛剤が販売されていますが、
多くの育毛剤はその効果効能に偏りがあります。
高い血行促進効果があるにも関わらず頭皮環境の改善効果が低かったり、
頭皮環境の改善効果が高いものの、抗男性ホルモン力がなかったり・・・

 

チャップアップは、血流促進を目的とした20種の生薬成分、
細胞のエネルギー源となる15種類のアミノ酸、
頭皮環境の改善を目的とした17種類もの生薬成分、
そして悪玉男性ホルモンDHTの発生を抑制する8種の有効成分など、
薄毛、抜け毛の改善に必要な要素を総合的に兼ね備えています。

 

偏りのある育毛剤であれば、他の育毛剤などを併用して欠けている効果を補う必要があるのですが、
チャップアップは、これ1本で育毛、発毛に必要な基本的な要素を補えてしまうのが最大の特徴です。

 

 

≫公式サイトに行く≪

 

 

チャップアップの特徴は、他の育毛剤にはない総合力なのです。

リデンとチャップアップとで得られる効果を比較!

リデンの特徴とチャップアップの特徴が分かったところで、
それぞれの育毛剤を使用した時に得られる効果を比較すると、以下のようになります。

 

比較項目

リデン

チャップアップ

血流改善効果

毛母細胞の活性化力

頭皮環境の改善力

抗男性ホルモン力

 

 

血流改善効果

育毛剤の最も基本的な効果が血流、血行の促進です。

 

髪は毛根の細胞から出来ています。
毛根の細胞は頭皮を流れる毛細血管から血液を供給されています。

 

毛細血管の血行が滞っていると、十分な血液が毛根の細胞に供給されません。
それによって髪の毛周期に異常が発生し、抜け毛や薄毛を引き起こします。

 

リデン、チャップアップいずれも頭皮の血行促進効果がありますが、
含まれている成分からその効果を比較するとチャップアップに高い効果が期待できます。

 

チャップアップには、ジフェンヒドラミンHCに加えて、血行促進効果が期待できる
20種もの生薬有効成分が配合されていますからね。

 

リデンにも血行促進作用はあるものの、チャップアップに比べて含まれている成分は少ないです。

 

 

毛母細胞の活性化力

髪は言い換えれば、毛母細胞が細胞分裂をしたもの。
毛母細胞を元気にすることが元気な髪を育てることに他なりません。

 

リデンには、現在育毛業界でも注目されているリデンシルが3%配合されており、
高い毛母細胞の活性化力が期待できます。
毛母細胞の活性化力ではリデンは数ある育毛剤の中でも最高水準でしょう。

 

一方のチャップアップには、リデンシルは含まれていないものの、
細胞エネルギーの源となる15種のアミノ酸が含まれており、それなりの効果が期待できます。

 

毛母細胞の活性化ではリデンシルを配合したリデンに高い効果が期待できます。

 

 

頭皮環境の改善力

荒れた土壌に元気な植物が生い茂らないのと同じで、
頭皮の環境が悪化していれば元気な髪は生えてきません。
いかに健全な頭皮環境を維持するかも、髪を育てる上で重要な要素となります。

 

毛母細胞の活性化で定評のある育毛成分リデンシルですが、
リデンシルにはEGCG2という頭皮の炎症を抑制、抗菌効果が得られる成分も含まれています。
さらにリデンには、いくつかの植物性生薬成分が配合されているため、
頭皮環境の改善効果も期待できます。

 

チャップアップは、頭皮環境の改善にも力を入れた育毛剤です。
頭皮の硬化を目的と天然成分、皮脂の過剰分泌を抑制することを目的とした天然成分、
さらには頭皮環境の改善を目的とした実に17種類もの天然成分が含まれています。

 

リデンにもその効果はあるもの、頭皮環境の改善力ではチャップアップのほうに分があります。

 

 

抗男性ホルモン力

リデンとチャップアップで最も差がつくのが抗男性ホルモン力でしょう。

 

年齢を重ねるにつれて薄毛が進行していくのは、男性ホルモンが大きく影響しています。
男性ホルモンが影響して進行していく薄毛はAGA・男性型脱毛症と呼ばれていますが、
成人男性の3人に1人が男性型脱毛症に悩まされていると言われています。

 

具体的には、5αリダクターゼによって変換された悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)
男性ホルモン受容体と呼ばれる成分と結合することで脱毛作用を働きます。
男性ホルモンによる脱毛作用を抑えるには、5αリダクターゼの働きを抑えて
DHTが産生されるのを防ぐのがポイントとなります。

 

血行促進や毛母細胞の活性化に何かと注意が向けられがちですが、
男性ホルモンの影響を受けているのであればDHTの発生を抑えることが必要です。

 

DHTの発生抑制効果でリデンとチャップアップを比較すると、
その差は歴然たるものがあります。

 

チャップアップには、5αリダクターゼの生成を抑える8種類もの有効成分
含まれているのに対し、リデンに含まれている成分はオウゴンエキスの1種類のみです。

 

抗男性ホルモン力では、リデンとチャップアップで大差がついてしまいます。

リデンを選ぶべき人、チャップアップを選ぶべき人!

リデンもチャップアップもどちらも優れた育毛剤であることに違いはないです。
異なるのは、それぞれで得られる効果が違うということです。

 

リデンを選ぶべきか、チャップアップを選ぶべきかは、
言い換えればどの効果を優先して得たいか、ということになります。

 

効果の違いから、リデンを選ぶべきかチャップアップを選ぶべきかで分類すると
以下のようになります。

 

 

リデンを選ぶべきか?チャップアップを選ぶべきか?

毛母細胞の活性効果を最重要視している人

 

リデンを選ぶべき

 

 

 

血行促進、毛母細胞活性化、頭皮環境改善、抗男性ホルモン効果
のそれぞれをまんべんなく得たい人

 

チャップアップを選ぶべき!